インプットした知識をどうやってアウトプット(有料コンテンツ化)すればいいか?

inputchisiki

どうも。MOTOです。

僕の運営している
コミュニティメンバーからの質問に今回はブログで回答しようと思います。

「たくさんの書籍や講座を学んでインプットしてるけど
どうやってアウトプット(有料コンテンツ化)すればいいか?」

わからない人が多いと思うんですよね。

なので、今回の記事で理解出来れば、
インプットしたことをどんどんアウトプット出来るようなるでしょうし、
有料コンテンツ化して販売することも出来るようになっていきます。

では、早速いきましょう!

最終的には、
インプットしたことを有料コンテンツ化へとアウトプットするわけですが、
4段階のレベル考えるとわかりやすくなります。

レベル1:インプット→そのままアウトプット
レベル2:インプット→フィルター→アウトプット
レベル3:インプット→体験→アウトプット
レベル4:インプット→体験→体系化→アウトプット

レベル1ほど簡単ですが価値を出すことが難しく、
レベルが上がるほど大変ですが価値を出しやすいです。

最初は、
レベル3やレベル4が出来ると有料コンテンツとして販売しやすいです。

ちなみに、
レベル1で価値を出せる人というのは、
既に相当な実績やブランディング力があるかどうか?なので、
最初は難しいです。

では、1つずつ解説していきますね!

レベル1:インプット→そのままアウトプット

レベル1は、
得た情報をそのままシェアするということです。

簡単ですね。

インプットしたものを
そのまま横に流しているだけなので、
価値はそこまで高くありません。

ただ、
そのインプットする情報の質が高ければ、
それだけでも価値は生み出すことは可能です。

例えば、

あなたは世界のどっかの大富豪と知り合いだったとしましょう。

その大富豪のシークレットパーティーがあった時に、
そこでその大富豪がぽろっと話していた良い情報があったとします。

それをそのまま、
あなたが情報をシェアするという感じです。

勿論、
シェア禁止の情報をシェアするのはダメですが、
そうでないなら、

限られた空間で得た情報をシェアするだけでも
価値があるコンテンツにはなります。

後、
他に考えられることは、
情報鮮度が高い場合、
スピードの早さでも情報の横流しをしても価値があったりします。

最近、ウォーレンバフェットが
日本の総合商社の株を7000億円買った
というニュースがあり、

その情報をTwitterでそのまま流している人達がいましたが、
スピードが早いとそこの価値が生まれ拡散されていました。

まだ海外のニュースが出した直後で、
日本語で流れていない場合
すぐに日本語に翻訳して流すことでも
価値があったりしますよね。

まだネット上にない最新のニュースを入手して、
それをいち早く流すだけでも価値はあります。

MOTO
ただ、当たり前ですがネット上でどこでも手に入る情報をシェアしているだけでは有料コンテンツにはなりません

レベル2:インプット→フィルター→アウトプット

レベル2は、
インプットしたことを、自分のフィルター(視点)を通してアウトプットすることです。

自分のフォルターを通すことで、
レベル1とは段違いに価値が高まります。

自分のフィルターとは、
自分の視点や考えで発信するということですね。

Twitterで言うなら、
レベルがリツイートで、
レベル2が引用リツイートという感じですね。

また、
発信する人のブランディングが出来ている、
信用されている人であればあるほど、
その人のフィルターを通した情報を伝えることで価値が生まれます。

例えば、
全く無名の人がコロナに関して語っても、

よほど、
面白いフィルター(視点、切り口)がなければ
価値は生まれにくいでしょう。

でも、

筑波大学教授、経営者、アーティストなど
複数の顔を持つ有名な落合陽一さんが、

コロナに関して落合陽一氏のフィルターを通じて語ると、
そのコンテンツにはそれだけで価値が生まれます。

当然、
落合さんがコロナに関して語った音声を
配信すれば有料でも売れます。

このフィルターを通じて語るだけで
価値を生み出すためには、

普段から、
どれだけフィルターを通してアウトプットしているか?

が重要になります。

書籍レビューとか書いてもいいでしょうし、
TwitterやSNSなどでコメント、引用リツイートで訓練してもいいですし、
メルマガとかブログなどに対してアウトプットを行うとかでもいいでしょう。

自分のフィルターを通じて
情報発信する訓練が必要です。

レベル3:インプット→体験→アウトプット

レベル3は体験した情報のコンテンツ化です。

これは、インプットしたことを、
まずあなた自身で体験してみる。

その体験したことを
アウトプットするということです。

体験には価値があり、
希少性のある体験であればあるほど
それをコンテンツ化にした時に価値が生まれます。

だから、
普段から色んな体験をして経験を積みまくっている人は、
価値がある情報発信、アウトプットがしやすくなる。

ということです。

逆に、平々凡々な生活を無意識で送り続けていると
価値ある情報はアウトプット出来ないということです。

希少性のある体験ほど価値がある

例えば、

・100人中98人が体験したこと
・100人中1人しか体験したことがないこと

どちらの体験のほうが価値がありますか?

・・・

・・

当然、後者ですよね?

もし、

日本人の平均年収が1億円の時代が来たとするなら、
その時に、年収1億円の人が年収1億円になるまでの体験したことを
コンテンツにしても価値がないのです。

ディズニーランドに行った体験を
コンテンツ化しても価値はありませんよね?

せいぜい見てくれるのは、
あなたのことを知っている知人ぐらいでしょう。

でも、
ディズニーランドで新しいアトラクションが出来た初日に
まだほとんどの人が行っていなければ、
そこでの体験コンテンツは価値が生まれます。

みんながあまりやっていない体験を
意識的に出来る人が
価値を生み出せるということです。

逆に、
周りの人達と同じ選択しか出来ない人は、
価値を生み出せないということです。

しかも、
人間の生存本能として、
周りの人達と同じ行動を取ってしまう傾向があります。

だから、意識して勇気を出して
他の人達とは違う体験をしていく必要があります。

新しいこととかリスクが伴うことに対して、
メンタルブロックとい装置が働くので、

メンタルブロックが作動することを
積極的に挑戦している人は
価値を生み出せるということです。

ちなみに、

その体験したことは、
成功だろうと失敗だろうとどちらでも良いです。

成功でも失敗でもどちらも価値がある。

大事なのは、
希少性があるかどうか?

です。

僕の事例で言えば、
100万円の海外セミナーに行ってきた話とか。

海外セミナー行く人も少ないでしょうし、
そこにセミナー代だけで100万円。
更に渡航費やホテル代など合わせたら
150万円以上かかっています。

一体どんなセミナーなんだ?って興味沸きませんか?

アンソニーロビンズDWD100万円セミナー体験記inオーストラリア

 

他には、

キリンと一緒に朝食が食べられる1泊14万円のケニアの高級ホテルに泊まってきた話

このホテルも予約するのも大変ですし、
日本からケニアに行くのも大変ですし、
1泊も高額なので、行った人はあまりいないと思います。

【実録】朝食にキリンが遊びに来るホテル!ケニアのジラフマナーを体験してきた!

他に、
失敗談というのは、

例えばこの話とか。

従兄弟が5000万円稼いでサラリーマンに戻った話

これは普通に有料NOTEにして売れています。

後は、
まだこの記事を書いている時点では
作っていないですが、

・投資で数千万円の損失を出した話
・ボルダリングジムを作り経営からバイアウトまでの話
・脱日本マレーシア移住までどうすればいいか?の話

こういう経験もしてきたので、
これをNOTEに書いたら売れるんじゃないかと思います。

そう言えば、

以前、
10年以上引きこもりニートをしていた人が、

「僕には何の希少性のある体験もありません」

と言われていたことがありますが、

「10年以上引きこもりニート生活して
抜け出したこと自体に希少性がありますよ」

と言ったことがあります。

自分では価値がないと思っていることでも、
他の人からすれば価値がある体験を
たくさんしている可能性も十分あり得るので、

あなたは、今まで過去にどんな体験をしてきたのか?

成功でも失敗でもとりあえず
全部、書き出してみると良いです。

きっと価値の源泉がたくさん見つかるかと思いますよ!

レベル4:インプット→体験→体系化→アウトプット

このレベル4が実は一番、有料コンテンツとして販売しやすいです。

例えば、
「YOUTUBE集客ノウハウ」みたいなものを
買ってインプットしたとします。

これをレベル1で
そのまま内容をシェアしたら
当然違法であり、アウトで一発退場ですよね。

これをレベル2で
自分のフィルターで解説し直すというのはありですが、
実力が高くないと有料で販売するレベルまで価値を高めるのは難しいです。

レベル3で
そのノウハウに書かれていたことを体験、実践したとしましょう。
それをただみんなと同じぐらいのレベルではなく、
希少性があるレベルまで実践します。

↑↑↑ここ重要!!

他の人が1つのYOUTUBEチャンネルしか作らないのであれば、
自分は10個のチャンネルで検証してみるとか。

みんな1ヶ月で辞めてしまうなら、
365日YOUTUBEを投稿し続けるとか。

とにかく希少性のあることを実践して
何かしらの成功やら失敗を体験します。

その体験をコンテンツにするだけでも
有料コンテンツとして売ることは可能でしょう。

更に、
もっと価値を高めるなら、
レベル4の体系化まで出来るかどうか?

希少性のある体験をして、
そこで得た情報を更に「体系化」出来れば、
より価値を生み出すことが出来ます。

体系化すれば、
他の人達も使いやすくなるからです。

一般的にノウハウとして
販売されているのがこの形ですね。

自分の体験を体系化させることで
最も価値が高まるのです。

じゃあ、体系化させるためにはどうすればいいのか?

体系化させるということは、
暗黙知を形式知に変えることです。

暗黙知というのは、
頭の中にあるもやもやとしたことで、
明確に説明出来ない状態のこと。

頭の中でもやもやしている暗黙知の状態だと、
人に的確に伝えることも出来ませんし、
自分自身もちゃんと使いこなせる状態ではないです。

頭の中でぼんやりとしていることを、
しっかり体系化させて伝えることで、
他の人が理解しやすくなるのです。

体系化させるには、

・情報を可視化させる
・情報を整理する
・抽象化する
・具体化する

情報を可視化するというのは、
とりあえずでもまずマインドマップでもノートにでも
全部書きだしてみるということです。

頭の中で考えていると永遠と暗黙知のままで進展しません。

全部書き出してみたら、
今度はその情報を整理していく必要があります。

カテゴリー分けして分類してみたり、
余計な部分は削除してみたり、
わかりやすく見やすい状態にしていきます。

後は、抽象化、具体化していくことで、
少しずつ体系化させることが出来ます。

もし、
抽象化、具体化があまりわからない場合は、
下記の書籍を読んで学びましょう。

この2冊は名著です。
いつも勧めているので既に勝っている人も多いと思いますが、
一応、紹介しておきます。

抽象化と具体化の思考は人生を少しでも
豊かに生きる上では必須の思考です。

抽象化、具体化出来ない人は、視野が狭くなるので、
単純に息苦しい人生を送ります。

抽象化、具体化出来れば、
目の前にあるほとんどの問題を簡単に解決出来るのに
その思考がないとずっと悩み続けて疲弊するのです。

だから、全人類が習得すべき思考です。

で、
この体系化に関しても、

ひたすら、
インプットしたことを体系化させて
アウトプットする訓練が必要です。

このブログ記事も、
インプットから有料コンテンツにするという頭の中にある暗黙知を
体系化させた記事ですね。

MOTO
ちなみに体系化させるスキルが身についてくると他人の暗黙知を体系化させることで有料コンテンツを作ることが出来ます。凄い体験をしている人にインタビューをしてその人の頭の中を体系化させて販売することが出来るようになります。

インプットした知識をどうやってコンテンツ化して有料販売すればいいか?の結論

さて、どうでしたか?

インプットした知識をどうやって
コンテンツ化して有料販売することが出来るのか?
まずは4段階のレベルで捉えてみましょうということでした。

レベル1:インプット→そのままアウトプット
レベル2:インプット→フィルター→アウトプット
レベル3:インプット→体験→アウトプット
レベル4:インプット→体験→体系化→アウトプット

そして、
実はどれも独立していることではなく、
レベル1~4まで全部出来るほうがいいです。

各々のトレーニング方法としては、

・レベル1は、良い情報のリツイートやシェア。
・レベル2は、Twitterであれば引用リツイート。ブログ、メルマガなどフィルターを通した感想を送る
・レベル3は、普段から積極的に希少性の高い体験をしてブログやSNSで発信
・レベル4は、体験したことをブログやSNSで体系化する訓練

どのレベルでも有料販売することは出来ますが、
一番、有料コンテンツとして売りやすいのはレベル4です。

訓練していきながら反応が取れたら、
有料コンテンツで販売してみるといいですよ。

更にどうやって販売していけばいいか?など学んでいきたい人は、
GMM講座で学んでみてくださいね。

では早速、アウトプットのトレーニングとして
メールを送ってみてください!

MOTOお問い合わせページ

 

ではでは。
本日は以上です。
有難うございました。

MOTO

3本の動画+αで令和時代の個人ビジネスを学ぶ!期間限定のGMM講座

ABOUTこの記事をかいた人

アパレルの某ブラック会社で日本のサラリーマンに絶望してネットで起業⇒その後、アフィリ教材を日本一販売⇒精神崩壊⇒4社経営⇒ボルダリング事業やメディア事業を売却⇒マレーシアに移住⇒海外投資&ビジネスを通じて成長しまくれる好循環のクローズドコミュニティを運営中