ドラクエ全作クリアまで寝ない企画から学ぶ挑戦ビジネス

dorakuezennsaku2

どうも。
マレーシアの起業家&投資家のMOTOです。

先日、YOUTUBEで面白いチャレンジ動画を見つけました!

タイトル通りですけど、
ドラゴンクエストシリーズの全作1~11までを寝ずにクリアするのを
全てライブ配信するという無駄な上、無謀なライブ企画です。

僕もドラクエ大好きでドラクエ10以外は全部プレイしましたが、
1つの作品で早くてもクリアするのに
20時間はかかっていた記憶があります。

なので、
普通に全作プレイしたら200時間以上かかります。

200時間!?
約8日間寝ないって人間の限界を超えていますw

それに挑戦しようという
無謀さについ見てしまいました。


でもね・・・

その企画の最後は、
なんか勇気と感動を貰えたんですw

ライブ配信中に投げ銭をしている人達もたくさんいました。

最終的には1万人ぐらいの方がライブ配信を見ていて、
みんなガンガンと投げ銭(スパチャ)をするのです。

500円とか1000円は当たり前で、
僕が見ていた中で一番最高額は35000円を投げていました。

恐らく、
今回の無謀な挑戦中に100万円以上、
投げ銭だけで集まっていると思われます。

僕は基本的にビジネスは問題や悩みを
解決するものだと思っています。

ただ、
こういった無謀な挑戦することで
勇気や感動を与えることでも、

今の時代は、ビジネスになるんだなあと
面白い視点を貰えたのでブログ記事で共有しようと思います。

ドラクエ全作寝ないでクリアのざっくりとした解説

まず、どういう背景かわからないと、
話がはいってこないと思うので簡単にお伝えします。

このYOUTUBERのです。

あきのちゃんねる

普段から、ゲーム実況をされている方でその中でも
特にドラクエが好きで色んな縛りプレイで配信されている方でした。

過去の動画を見てみると、
以前から、何かのゲームを寝ずにクリアする挑戦はされてきた中での人気企画で、
その集大成的な感じで今回、ドラクエ全シリーズという無謀なチャレンジをされていました。

今回、僕が見たのは無謀な挑戦の3回目です。

2回、挑戦したけど、途中で寝てしまって失敗されています。

1回目と2回目は、90時間ぐらいプレイしたところで
途中で意識を失って失敗。

そして今回が3度目のチャレンジ。

まあ、
90時間起きてるだけでも凄いですけどね。

ただ、
挑戦に失敗すると自分で罰ゲームをして視聴者に謝罪して、
そして工夫改善して再度チャレンジする。

ライブ配信中に食事を取るのも、
ゲームをプレイしながら取ったり、

眠気が来た時の手段を色々対策を練ったり、

より最速でクリア出来るように
何度も練習を繰り返して記憶したり、

出来る限りの工夫を
しまくってるんですよね。

そして、
3度目もライブ配信でも本当に実践していることを証明すべく、
85時間全てをアップロードされています。

ちなみに、感動のラストの動画85時間~

このYOUTUBERのの他の動画に比べても、
この無謀なチャレンジは25万回再生で爆伸びしていました。

 

無謀で新しい挑戦をする人を応援したくなる人間心理

一見、無駄だったり、無意味なものでも、
その挑戦に対して本気で取り組んで

思考して改善している姿に感動するんだということを
改めて気付かされました。

なんか、応援したくなりますし、
勇気を貰えて自分も何か小さくても行動しようって気になります。

で、
よくよく考えてみると、
僕も、他に、挑戦しているYOUTUBE動画があれば
つい見てましたね。

最近見たもので、
面白かった挑戦企画は例えば、これらの企画ですね。

<素潜り漁師まさる>10日間サバイバル企画

サバイバル系の挑戦は
それだけでも僕にとっては大好物なので面白いのですが、

このまさるさんは「5日間は素潜りしない」という
ルールを作って挑まれていました。

確かに、素潜り漁師なので素潜り出来れば、
なんなくサバイバル生活が出来そうなので、
そこまで面白さがなかったかもしれないのですが、

この「5日間は素潜りしない」という絶妙なルールをもうけて、
難易度を高めたことでこの挑戦の面白くなったのだと思います。

挑戦企画をする上で、
この難易度設定というのがかなり肝ですね。

 

<サンシャイン池崎>感謝のジャスティス1万回企画

ハンターハンターのパロディ企画。

ひたすらサンシャイン池崎のギャグの「ジャスティス」を、
感謝しながら1万回を10時間ぶっ続けで言うだけの動画なんですが、
すでに300万回以上再生されています。

そして、
このライブ配信でも投げ銭が飛びまくり、
1日だけでサンシャイン池崎は200万円以上貰っていたと思います。

1つのことをただひたすら限界を超えてやり続ける。
そうすると感動が生まれるのですね。

 

<のりんご>スーパーで買ってきたものを育てる企画

こちらがライブ配信ではないのですが、
スーパーで買ったきたものを育てる成長プロセスを動画を撮られている方です。

これも無謀な挑戦ですよね。

まだ、メロンの種を買ってきて、
環境整えて育てるならわかりますが、

「スーパーで買ってきた」という縛りを作ることで、
好奇心を掻き立てられて見てしまいます。

そして、
こういう成長プロセスを1つの動画にまとめた企画は、
色んなジャンルでも爆発的に伸びているので、
成功パターンの1つですね。

 

挑戦で応援してもらうための要素

じゃあ、
どんな挑戦でも人は応援してくれるのか?

というと、
そういうわけではなく、
いろいろな挑戦企画の
事例を見てきて思うことが、

・まだ誰もやっていない新鮮さ
・絶妙な難易度設定(ルール設定)
・信頼の積み重ね

この3つが必要な要素です。

 

(1)まだ誰もやっていない新鮮さ

既に多くの人達が挑戦していて
成功していることであれば、

それに同じ条件で挑戦したとしても
応援されるところまではいかないので、

挑戦する企画の内容は同じだとしても、
縛りルールを作ったり、
コンテクスト(背景)を変えたりして
まだ誰もやっていないような新鮮さを出す必要があります。

そして、
その無謀な挑戦で応援されるかどうかは、
価値があるとか誰かの役に立つとか関係ない。
という点も面白いですよね。

もちろんその挑戦が、
直接的に誰かのためになる、社会貢献にも繋がると
より応援されやすくなるとは思いますけど。

(2)絶妙な難易度設定

「無謀なんじゃない?」
「あなたに本当に出来るの?」

と思われる挑戦ほど応援されています。

中には、
「そんなこと出来るわけないやろ!」
とアンチが出てくるような挑戦であるほど、
その企画は絶妙な難易度なんじゃないかと思います。

「それなら出来るよね」
「あなたなら出来るよね」

と思われるものは応援されないので、
何かしらの縛りプレイ、ルール設定して、
難易度を調整する必要があります。

(3)信頼の積み重ね

信頼の積み重ねは、
普通のビジネスでも必要な要素ですが、
この挑戦企画をする上でも必須要素です。

何の信頼も積み重ねていない人が、
いきなり無謀な挑戦を企画しても、
中々応援してもらえないです。

そのため、
毎日、ブログでもSNSでもYOUTUBEでも
何かしらで配信を継続したり、

最初はもっと小さな挑戦にチャレンジして、
有言実行で信頼を積み重ねていく必要があります。

そして、
少人数でも信じてくれる人がいる土台が出来上がった状態で
無謀な挑戦企画を打ち出すと大ヒットに繋がるのだと思います。

 

新しい挑戦をして勇気と感動を与えられるとビジネスになる

まとめると、
一見どんな無意味なことでも、
自分で過酷なルールを設定して挑戦することで、

それを応援してくれる人達が集まり
ビジネスにもなるということです。

この最初に紹介したドラクエ全作シリーズ企画の
あきのさんはビジネスをやっているという
感覚はないのかもしれませんが、

こうやって挑戦することで勇気と感動を与えることで
今の時代は1つのビジネスになるんだなあという
僕にとって新しい気付きでした。

そして、
他のビジネスをする上でも
この「挑戦の要素」が加わり応援してくれる人が増えると
上手く
いきやすくなると思います。

なので、
僕も、もっと勇気や感動を与えられるような
無謀な挑戦はどんなことが出来るか?

少しアンテナを張って考えてみたいと思います。


PS:

あなたは、どんな挑戦をしたいですか?
もしくは僕のどんな挑戦を見たいですか?

面白いアイデアがあったら
メールで教えて下さいね!

ではでは。
本日は以上です。
有難うございました。
MOTO

3本の動画+αで令和時代の個人ビジネスを学ぶ!期間限定のGMM講座




ABOUTこの記事をかいた人

2010年アパレルの某ブラック会社で日本のサラリーマンに絶望してネットで起業⇒2012年アフィリエイト教材を2万本以上日本一販売⇒精神崩壊⇒4社経営⇒ボルダリング事業やメディア事業を売却⇒2018年MM2Hビザを取得してマレーシアに移住⇒海外投資&ビジネスを通じて成長しまくれるGMM&GMCコミュニティを運営中