成長速度が尋常ではない人は「演技力」が優れているという話

どうも。
マレーシア起業家&投資家のMOTOです。

ビジネスを教えていて思うことなんですけど、
今の自分を基準値にして行動している人が多いなと思います。

ずっと収益が鳴かず飛ばずの人も、
今の自分を基準に行動している人だったりします。

でも、
ちょっとでも成長したいとか、
夢を実現させたい!収益をアップさせたい!とか
そういう向上心があるのであれば、

今の自分の基準で行動するのではなく、

「理想像を演じること」

これに尽きます。

この演技力が上手い人ほど、
尋常ではないぐらいの速度で急成長することが出来ます。

これはビジネスだけでなく、
何かを最速で習得していくには何でも言えることなんですけどね。

で、
「ビジネスやるのに演技力?」って思うかもしれませんが、
その理由をお話していきたいと思います。

 

永遠に平社員で昇進出来ない人は平社員である自分のまま働いている

サラリーマンとして働いていて昇進出来ない人も
演技力不足だと思います。

スキルや能力は、演技力さえあれば自然と身につきます。

永遠に平社員の人は、
自分が平社員だと思って行動しているから

ずっと平社員のままなのです。

副業でビジネスをやっても永遠に
収入レベルが変わらない人は、
今の自分を基準に行動しているからです。

会社でどんどん昇級することが出来る人は、

例えば、平社員の頃から、
「もし自分が課長だったらどうするかな?」と
視座を高めて行動します。

課長の視点で物事を考えようとしていると、
平社員なのに課長っぽい行動が出来るようになるのです。

課長っぽい行動が続くと、
周囲の人達もあなたを課長のような扱いをするようになったり、
頼りにしたりします。

じゃあ、
「次は、誰を課長にするか?」と会議があった時、
「あいつだったら課長に向いてるんじゃない?」
って自然と課長に選ばれるのです。

これは何でも一緒です。

副業としてまずは月10万円稼ぎたいなら
月10万円稼いでいる人の演技をすればいいし、

月100万円稼ぎたいなら
月100万円稼いでいる演技をすればいいのです。

ただ、
全く貯金がなく100万円稼いでいる人の演技ができない場合は、
もっと演じられるレベルからスタートする必要がありますけどね。

ちなみに、この逆パターンもあります。

 

初心者は成長速度が鈍化する

例えば、
「私は初心者です」って言っている人は、
そのジャンルの初心者を演じることになるので
初心者のような行動しか出来なくなります。

その結果、成長スピードが圧倒的に遅くなります。

「初心者だからこれぐらいでいいや!」
みたいな甘えも無意識で出てしまいます。

もし、それで成果が出るなら初心者だと言えばいいですけど、
初心者だと言って初心者を演じていると、
自分の首を締めることになるので言う意味は全くないです。

自分のことを「初心者や素人なんです!」というと、
「丁寧に優しく教えてくれて得しそう」な感じがするのかもしれませんが、
そんなことはありません。

この人は、プロからすれば、
この人は「覚悟もないし、甘い人だなあ」と思われて逆に損します

ビジネスの世界において「初心者です」は完全にタブーです。
百害あって一利なしレベルです。

 

今の自分の基準を捨てて理想像を演じる

今の自分を基準に行動してきた結果、
今の人生があるわけです。

だから、
もし理想の未来を実現させたければ、

理想像を作って演じていく必要があります。

理想像を演じていると、
いつの間にかその理想が現実に変わっていきます。

例えばもし、
プロのカウンセラーとしてビジネスをやりたいなら、
理想のプロカウンセラーとは何か?を明確にして、
すぐにでもその理想のプロカウンセラーを徹底的に演じるのです。

最初は、違和感があっても、
完全に演技をすると割り切りましょう。

もし演技力が上手いと、
どれだけカウンセラーの経歴が浅かろうと、
周囲の人はあなたのことをプロカウンセラーとして見るようになります。

もし、
起業家として成功したいなら、
稼いでいる自分を演じるわけです。

僕も起業した段階で自分のことを初心者とは思わず、
自分はプロのマーケッターとしてコンサルをしたりしていました。

そうすると、
どんどんプロのマーケッターとしての
セルフイメージが形成されていき、
成果が後から追いかけてきました。

もし、
金持ちになりたいなら、
金持ちを演じるのです。

脱サラして起業する時に、
貯金100万円もなかったですが、
金持ちを演じるようにしました。

金持ちは、「金がない」とかそういうことを言わないだろうと、
どれだけ金銭的にきつくてもお金がないとは言わないようにしました。

億を稼いでいる起業家の人達の飲み会に参加させて貰った時は、
積極的に僕が奢るようにしていました。

当時、
お金なかったですが奢りまくっていました。

とにかく、
お金があるように振る舞っていたら、
気づけば自然とお金は増えていったのです。

どれだけ忠実に理想像を演じることが出来るか?

理想像を演じ続ければ、
まず周囲の人達の見方が変わりはじめて、

そうなることで理想の自分が強化され、

いつしかそれが当たり前になり
理想が現実のあなたになるということですね。

 

大事なのは演技のバランス感覚

ただ、
理想像を演じるといってもバランス感覚が重要です。

このバランス感覚を無視すると、
精神的に辛くなったりするからです。。。

理想像の演技バランスとして、
現実の自分よりも1.2倍~1.5倍背伸びする感じですね。

つま先立ちぐらいがちょうどいいわけです。

ただ、
これが今の自分よりも2倍以上乖離してくると、
現実と理想のギャップに苦しみます。

昔、僕がアフィリエイトを教えていた頃、
自分の想像を大きくし過ぎて出来るだけ完璧な人間を演じようとし続けたことで
乖離して精神を病んだ経験があります・・・

無理し過ぎている状態ですね。

ただ、
そこから更に乖離し過ぎて嘘をつくようになると完全にアウトです。

当たり前ですが、
月100万円も稼いでいないのに、
月100万円稼いでいます!
みたいなのはアウトです。

もはやそれは演者ではなく、ただのペテン師ですからね。

ネットでは結構そういう人をよく見かけますが、
ペテン師になるとどこかで墓穴を掘ることになるのでやめましょう。

大豪邸を買っていないのに豪邸を買ったとか、
プライベートジェットを借りているだけで持っているとか、
誇張し過ぎるとどこかで痛い目に会うので注意が必要ですね・・・

あくまで、理想像を演じるのであって、
「嘘をつきましょう」という話ではないので誤解のないよう。

 

なりたい理想像を用意する

じゃあ、理想像を演じるためには、
まずなりたい理想像を探す必要があります。

俳優のように、
既に演じる役が決まっている場合は、
その演じる役を研究していけばいいのですが、

多くの人の場合、
理想像を探す所からのスタートかと思います。

なので、

・どういう人が理想かな?と理想像を色々と探してみる
・実際に理想像に当てはまりそうな人達と会ったりZOOMで話してみる
・理想像に近そうな人達の本や講座を買って学ぶ

自分の理想像に近い人をまずは探して、
その理想像に近い人達との接触を繰り返すことがはじめの一歩です。

 

理想像を演じる4つのステップ

理想像がだいたいでも見つかれば、
その理想像を演じていきます。

もし、ドラマとか劇に出る場合、
役に入り込む必要がありますよね?

それを日常でやるってことですね。

どうやって演じていくのか?
4つのステップを解説します。

 

(1)衣装を用意する

まずは視覚。

理想像の見た目を真似することから始めます。
髪型や服装、女性の場合は化粧も、真似ましょう。

見た目をその理想像に合わせることで、
セルフイメージがすぐに変わります。
役に入れるってことですね。

もしプロのカウンセラーになりたいなら、
白衣を買って普段から着てみるとか。

経営者を目指すなら、
理想像の経営者が着ているようなスーツを買ってみるとか。

この衣装を用意する時に、
今の自分の基準で「これぐらいの衣装でいいや」とケチったら意味がなくなります。

あくまで、
理想像の衣装をそのまま真似る必要があります。

 

(2)話し方や動きを演じる

次に、

理想像の話し方はどういうものか?
話すスピードはどれぐらいなのか?
話す時の抑揚は?
よく使う言葉は何か?
どんな仕草をするのか?

こういったものを研究します。

役を演じようと思ったら、
そういう部分を意識して見る必要がありますよね。

意識して分析して、
話し方や仕草も演じていきます。

 

(3)行動パターンを演じる

その理想像が、普段からどういう行動をしているのか?
どういう習慣があるのか?

こういった行動をリサーチします。

理想像となる人と実際に会ったり、
何回かもコミュニケーションを取っていくことで、
行動パターンが見えてきます。

そして、
その行動パターンも演じていきます。

 

(4)思考を演じる

そして最後に理想像の思考を演じます。
ただ、これが一番難しいです。

いきなり、
理想像になりきり思考も演じようとしても中々出来ないので、
(1)~(3)の衣装、動き、行動パターンから演じていきます。

それらを演じていると
徐々に理想像の思考も演じられるようになっていきます。

 

最速で成長していきたいなら理想像を意識して演じよう!

理想像を演じていくと、
少しずつ理想像の行動が出来るようになり、
そうなると、周りの反応が変わっていきます。

そしてより理想像のイメージが
インストールされていき結果が変わってきます。

今の自分の基準で行動するのではなく、
理想像を演じる。

急成長しまくっている人達って、
まじで演技力が半端ないです。

スキルの習得も結局の所、
演技力次第です。

なので、
まずは理想像を見つけて、
そして演技していきましょう!

ではでは。
本日は以上です。
有難うございました!

MOTO

3本の動画+αで令和時代の個人ビジネスを学ぶ!期間限定のGMM講座




ABOUTこの記事をかいた人

2010年アパレルの某ブラック会社で日本のサラリーマンに絶望してネットで起業⇒2012年アフィリエイト教材を2万本以上日本一販売⇒精神崩壊⇒4社経営⇒ボルダリング事業やメディア事業を売却⇒2018年MM2Hビザを取得してマレーシアに移住⇒海外投資&ビジネスを通じて成長しまくれるGMM&GMCコミュニティを運営中