まだ海外WIFIレンタル使ってるの?プリペイドSIMカードで91%コスト削減出来る件

ポケットWIFIってまだ使っている人いるのでしょうか??海外対応のプリペイドSIMカードを使えば効率もコスパも抜群に良いですよ。

ポケットWIFIレンタルは過去の産物?SIMカードで91%コスト削減出来る!

どうも。グローバルマーケッターのMOTO@mmoto001です。

先日、上海、バリ島、シンガポールと仕事で周ってまして、
現地のレストランにて、日本人の団体に遭遇したのですが、
まだみんな使ってるんですね。

 

過去の産物「ポケットWIFI」を・・・・

 

「今もそんなに使ってるの?」と驚いたと同時に、
ポケットWIFIとか使うならSIMカードのほうがよっぽどいいでしょ!?

 

と思ったので記事にしてみました。

 

確かに、
数年前であれば、ポケットWIFIが必須だったような気もしますが、
今の時代はまじで不要というかいらないんじゃないかと思います。

 

まあ、
ネットで【海外WIFIレンタル】とかで調べると、

・グ●ーバルWIFI
・イ●トのWIFI

ポケットWIFIのアフィリエイト報酬が数千円と高いので、
こぞって紹介されていますが、

 

僕自身、
むか~~しに数回使ったぐらいで、
昨今は、毎月海外生活していますがポケットWIFIは、
全く使うことはなくなりました。

 

そもそも、
ポケットWIFIとか、

・コストが高い
・空港で借りたり返却が面倒臭い
・ポケットWIFIの充電が面倒臭い
・荷物になる

など、
もう単純に不便じゃないですか?

 

まあ、仕事で大容量使う必要があって、
しかも移動中にやらなければいけない!

みたいなかなり限定的な状況の人であれば
もしかすると別なのかもしれませんが、

 

普通にネットで仕事する分にも、
旅行に行く分でも、
ポケットWIFIを必要に感じたことは僕はありません・・・・

 

というのも、

プリペイドSIMカード(使い切り)を使えば、
ポケットWIFIとか使うよりも、簡単で便利過ぎて尚且つコストダウン出来るからです。

電波も基本的に4Gで(国にもよる)
ポケットWIFIと変わらないですし、

容量も、
海外のカフェやホテルにもだいたい無料WIFIがありますから、
よっぽど移動中にずっと動画を見続けるとかでない限り
SIMカードの容量を使い切れないと思います。

 

そして、

SIMカードは、現地のショッピングセンターや空港で買うか、
それが心配なら事前にアマゾンで買っておいて、
使いたい時にSIMフリーのスマホに入れ替えればいいだけですから、
手間もかからないのです。

 

※SIMカードの使い方(スマホに挿入するだけですが)は後述します。

 

まず、
コストがどれだけ違うか?
具体例を出しましょう。

 

具体事例1:フィリピン5日間ポケットWIFIを使う場合

【フィリピン5日ポケットWIFIの料金】

ポケットWIFI価格:8090円

 

【フィリピン5日SIMカードの場合】

1ヵ国の場合は、空港にあるSIMカードの店で購入するのが安いです。
(本当は、ショッピングセンターの中にあるSIMカード屋さんのほうがもっと安いですが)

現地でSIMカードを購入したい場合は、
現地のSIMカード屋さんが設定などしてくれる場合がほとんどです。

また、
「国名」+「SIMカード」+「空港」で検索すれば、
写真付きでわかりやすく親切に説明してくれている記事がたくさん出てきます。

 

プリペイドSIMカード価格:約400ペソ(約800円)

 

価格差10倍・・・

 

具体事例2:東南アジア3ヵ国周遊8日間でポケットWIFIを使う場合

【東南アジア3各国8日間 ポケットWIFI】

 

8日間でフィリピン・インドネシア・シンガポールの4G回線LTE、
容量は小、モバイルバッテリー付の価格が、

 

ポケットWIFI価格:16700円

 

【東南アジア3各国8日間 周遊SIMカード】

周遊になるとポケットWIFIとか馬鹿高くなります。
かといって、国ごとにSIMカードを買って交換するのも面倒臭い・・・

そういう時は、この周遊SIMカードが超絶便利です。

 

東南アジア周遊SIMカード

 

アジア16カ国で使えます。
東南アジア周遊プリペイドSIM 4GB 8日間 4G・3Gデータ通信使い放題
韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本で利用可能

※注意※このSIMカードはタイの会社なのですがなぜかタイでは使えません。

価格1680円

 

これも約10倍違います・・・

 

ちなみに、アメリカ、ヨーロッパ、中東とかでも使いたい場合は、
世界周遊SIMカードというのも売っています。

他にもアマゾンを探せば色々売っていますが、
僕がいつも使うのは、AISの70ヵ国対応SIMカードです。

頻繁に海外行く人は、SIMカードは1年間有効期限があり、
スマホに挿入した時点から8日間・15日間カウントされるので、
買い溜めしててもいいと思います。

世界一周とか1ヶ月とか海外を周るって人も持っておくと便利かと思います。

SIMカードの使い方・SIMロック解除のスマホに挿入するだけ

 

SIMカードを使うためには、
SIMフリー(SIMロック解除されている)スマホ(iPhone6S以降~、アンドロイドなど)が必要です。

もし、
ソフトバンク、ドコモ、AUなどの大手キャリアで契約して購入している場合、
SIMフリーにするためにSIMロック解除(契約後6カ月以上後で手数料3000円で解除可能)が必要になります。

店頭に行って、
「SIMロック解除してください」と言えばやってもらえるようですね。

※ちなみにアップルストアや海外でiPhoneを購入している場合は最初からSIMフリーです。

※SIMフリーのスマホは、アマゾンとかでも機種を気にしなければ1万、2万円ぐらいでも普通に購入可能です。

 

現地調達する場合は、SIMが売っている所を探してSIMカードを購入すれば、
設定までやってくれる場合がほとんどですし、

日本から準備しておきたい場合は、

AIS・SIMカード一覧

で、
行く国のSIMカードを購入して、
現地に付いたらSIMカードをスマホに挿入して利用すればOKです。

iPhoneの場合は、ただ挿入するだけなのですが、
アンドロイドの場合は、少し設定があるようです。
とはいっても、簡単です。

 

もし、頻繁に海外行くのであれば、
SIMカードを使うほうがコスパも良いのでいいと思いますよ!

ということで、
まだまだ知らない人も多いのでは?
と記事にしてみました。

ではでは。

MOTO

 

この記事を読まれた方は、この記事も読まれています♪

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください