【海外移住のススメ】もっと気軽に海外移住すれば自由度が増すよ!って話

maraysiatower1

どうも。MOTOです。

僕はマレーシアに移住して3年目になりますが移住してみて思うことは、
日本人はもっと気軽に海外移住したほうがいいということです。

今はまだコロナで移動出来ない状態ではありますが、
コロナが終息したら海外移住も
視野に入れたほうが人生の自由度が上がります。

特に今、10代、20代だったら絶対に海外行った方がいい。

もし、僕が10代に戻れるなら絶対に留学します。

日本の一般の大学に行くぐらいなら留学したほうがいいですし、
留学費がないなら、海外でアルバイトとか働くのでもいいです。
そのほうが、将来が圧倒的に有利になります。

もし、今、
サラリーマンや主婦でも、

2,3年計画とかで、
副業でもビジネスに本気で取り組めば、
誰でも海外移住ぐらい出来るでしょう。

子供にもかなり貴重な体験をさせてあげることが出来ます。

常識にとらわれて「出来ない」から考えるのではなく、
「どうやったら出来るか?」考えられるかどうか。

一度、海外に出てみると視野がぐんと広がります。

視野が広がるとそれだけ選択肢が増えて
人生の自由度が増します。

日本の常識だったことが海外では非常識だったり、
逆に、日本の有り難みとか
今まで気づかなかったことに気づけたりします。

日本人はやたらと周りの目とか気にしすぎて、
気疲れしている人も多いと思いますが、

海外だと気にしなく良くなったりしますし、
今までとらわれていた常識からも解放されます。
もっと自由に生きるほうが良くないですか?

そもそも、
海外移住は思っている以上に
ハードルは高くないですからね。

数ヶ月で住んでみて「やっぱり日本に戻ろう!」と思えば
いつでも自由に戻る事もできますし、

海外移住したから
一生海外で生きないといけないわけでもないし、

もっと、
気軽に「ちょっと来年は海外に住んでくるわ!」
ぐらいでいいと思うんですよね。

日本と海外のデュアルライフ(2拠点生活)も可能ですし。

僕も、
コロナ前までは、2~3ヶ月に1回は日本に帰ったりして、
マレーシアと日本を行ったり来たりしていました。

あと、
海外移住すると、
資産形成の面で超有利だということもありますし、
(逆に日本での資産形成ではかなり不利です)

子供の教育においても、
今の日本の古い教育をしている学校に行くぐらいなら、
海外のほうが良いと思っています。

もちろん、
なんかハードルが高そうで勇気がいるとか、
日本のほうが飯は上手いとかありますが、
それ以上にメリットが大量にあります。

今回は、
「海外移住ってハードルがすごく高い!」
と今まであまり視野に入っていなかった人に

海外移住という新しい選択肢を手に入れてもらえたらと思い
記事にしてみようと思います。

MOTO
今後、コロナでの金融緩和でお金をばら撒いたことでコロナ増税されるので、

フリーランスの人や富裕層の人達は増税前に海外移住者する人が増えると思われます。

そうなるとキャピタルフライト税などが海外移住する際に高い税金が課せられるようになったりする可能性もあり海外移住に対する規制やビザ取得のハードルは上がるので、先にビザだけ取得しておいていつでも自由に移住出来る準備を進めておくのがベストだと思います。

現在、コロナ禍ではビザの手続きなど一時停止していることがほとんどなので再開したらですけど。

 

海外移住の住みやすさのハードルは格段に下がっている

10年前だと海外移住するにはかなりの勇気がいるし、
英語やローカル言語も多少理解していないと大変でしたが、

ここ数年、
便利なサービス、スマホアプリが一気に普及で
とんでもなく海外移住がしやすくなりました。

東南アジアだと生活コストが安い

まず、
東南アジアであれば、
生活費をかなり下げることは可能です。

独身であれば家賃込みで
月5,6万円で生活も可能でしょうし、

家族で移住しても、
月15万円~20万円ぐらいあれば、
普通に生活出来ます。

もちろん、
日本と同じレベルの環境や食事を求める場合は、
若干割高になりますが、

ローカルの人達と同じような食事をすると、
日本の1/2とか、生活コストをかなり下げることが出来るでしょう。

賃料も、月7~8万円もあれば、
3LDKの広くて、プールやジム付きのコンドミニアムでも借りれます。
だいたい日本の賃料の1/4程度で住むことも出来ます。

 

英語が話せなくてもあまり困らない

僕も最初、海外移住する際は、
英語がある程度、話せないと厳しいかと思っていました。

でも、
ぶっちゃけ、英語が話せなくて全然生活出来ます。

メジャーな国であれば、
現地の言葉を話せなくてもやっていけます。

後述しますが、
便利なアプリが普及したからです。

また、だいたい現地に
日本人コミュニティがあるのですぐ繋がれます。

僕も、マレーシアに知り合いが
1人もいない状態で移住してみましたが、

マレーシアに住んでいる経営者のコミュニティがあったので、
そこに参加することですぐに繋がれました。

そういうコミュニティに参加して繋がると、
必要な情報はだいたいシェアしてもらえますし、
英語が話せなくてもなんとかなります。

なんなら、
英語も日本語も話せる現地人とかもたくさんいるので、
困った時はそういう人に助けてもらう事もできます。

僕も毎年、引っ越ししているのですが、
その時は、マレーシア人で日本語を話せる人にお願いしています。

超流暢な日本語を話してくれるので、
契約の際の書類関係も全く問題ありません。

他にも、

・会社を作りたい
・良い病院を紹介してほしい
・学校を紹介してほしい
・保険に入りたい
・不動産を購入したい

そういうことも、
日本人のエージェントか、
マレーシア人の知り合いに聞けば
教えてくれます。

なので、
メジャーな国であれば、
そういう日本語が堪能な人が必ずいるので英語が話せなくても
普通に生活できたりします。

 

移動が超便利になった

これがまじで革命的です。

スマホが発達したことにより、
本当に海外移住のハードルが格段に下がりました。

今までは移動に現地タクシーを使ったりする必要があったので、
ぼったくられる可能性や自分で英語で道案内をしなければ、

わけのわからない所に連れて行かれるリスクがあったのですが、
それらがすべて、配車アプリの登場で解消されました。

UberやDiDi、
東南アジアではGrabなどの配車アプリですね。

これらをスマホに入れて登録しておけば、
行き先を入力して配車すれば、数分で迎えに来てくれて、
目的地まで送ってくれます。

英語で目的地を説明する必要もないですし、
ぼったくられることもないですし、

目的地までの時間やルートも表示されているので安心ですし、
お金の支払いもアプリで登録している
クレジットカードから自動で引き下ろされるだけなので
超絶便利です。

更には、
Uberイーツと同様に、
Grab Foodという食品宅配サービスもありますし、

PayPayと同様に、
Grab payという決済サービスもついています。

僕もマレーシアでは、
どこかに行く時はGrabです。

しかも、
日本のタクシーよりも1/4ぐらいでかなり安いので、
電車を使う感覚でタクシーを使えます。

どんな国でもこの配車アプリがあるので、
移住のハードルもかなり下がったと思います。

 

Airbnbで簡単に現地のコンドミニアムに宿泊出来る

また、Airbnbが出来たことで、
スマホで簡単に現地のコンドミニアム(マンション)を
予約して宿泊出来るようになりました。

ホテルよりもかなり安く泊まれる所も多いですし、
1ヶ月とかで借りれば割引もしてくれたりします。

そのため、お試し移住も簡単に出来ます。

僕も、
マレーシアに移住する前は、
3ヶ月間短期移住のお試しをしました。

(※マレーシアは3ヶ月間、ビザなしで滞在出来る
国によって2週間とか1ヶ月とか異なる)

その際に、
ホテルに泊まっていると様子がわからないですし、
普通の不動産賃貸で借りのは1年契約なの無理です。

でも、
Airbnbがあることで、
現地のコンドミニアムに契約することもなく、
簡単に住むことが出来ます。

なので、
GRAB(UBER)とAirbnbがあれば、
お試し移住もすぐに出来てしまいます。

 

海外の食事に関して

こちらも東南アジアで首都圏であれば、
問題なく日本食や日本の食べ物が豊富に揃っています。

しかも、最近では
日本食のクオリティも高くなっているので、
食事も不自由はありません。

まあ、ローカルフードを食べるよりも
日本食を食べるほうが高いですけど・・・

出来るだけ生活費を落としたければ、
ローカルフードを食べる必要があります。

あとは、
新鮮な野菜とか果物とかも普通に揃っていますし、

スーパーに行かなくても、
スマホからオンラインショップで注文すれば、
スーパーで買えるものはほとんど家まで配達してくれます。

 

海外の教育に関して

子供の教育なども全く問題ないでしょう。

そもそも、
現地で日本人学校やインターナショナルスクールに
かなり詳しいエージェントがたくさんいます。

子供の教育に関しても日本の学校よりも
インターナショナルで質の高い学校は多いですし、

日本の学校に通わせるぐらいなら、
海外の教育を受けさせたいと僕は思います。

 

じゃあ海外移住先はどこがいいのか??

海外移住するならどこがいいのか?

正直、
どの国でも自分が好きな国に移住すればいいと思いますし、
どのビザを取得するかで変わってきます。

個人的には、
自由度の高い「長期滞在ビザ」を取得をするのが良いと思います。

その国に何日間滞在しなければいけないとか、
そういうルールもないですし、

ビザを取得しても日本に住んでいてもいいですし
自由度が高いビザがいいかと思います。

他にもビザには、

・就労ビザ(現地で働くこと、法人設立で取得出来るビザ)
・学生留学ビザ(現地の学校に通うことで取得出来るビザ)
・投資ビザ(現地の不動産や株など購入することで取得出来るビザ)

などあります。

投資ビザの場合は自由度は高いですが、
億単位で投資する必要がある場合が多いので、
ここでは割愛します。

僕自身、
海外移住先を探すべく、
今まで50カ国ほど世界を周って見てきましたが、
やはり最初のお勧めの海外移住先は東南アジアですね。

東南アジアの中でもお勧めは、

・フィリピン(セブ島)
・タイ
・マレーシア

です。

理由としては、

・ビザが取得しやすいこと
・日本との時差も1~2時間程度であること、

・日本食、日本の食材が簡単に手に入ること
・ご飯が美味しいこと
・日本人のコミュニティがあること
・格安LCCで往復3万ほどで4~6時間で日本に帰国出来ること

などで気軽に移住可能です。

僕も海外移住する際、
最終はこの3つで考えました。

各国、
ビザ取得条件などもあるので
現時点での条件を書いておきますね。

(※ただビザ取得条件は年々厳しくなっていく傾向にあります)

 

フィリピンで取得可能なビザ

クオータービザ
・20歳以上
・預託金550万円
・手数料250万円ほど
・毎年更新する必要あり(1000円)

SRRVビザ
・35歳以上
・供託預金550万円(担保なので解約すれば返ってくる)
・50歳以上
・供託預金220万円
・毎年更新する必要あり(1万円)

APRVビザ
・年齢制限なし
・手数料約220万円+150万円ほど
・5年に1度の更新でOK
・更新費が5年毎に75000円かかる

SIRV投資ビザ
・年齢不問
・800万円以上の不動産の購入

 

フィリピン移住に関する備考

フィリピンは比較的、
低下価格で長期滞在出来るビザを取得することが可能です。

ただ、都市部のマニラは治安はあまり良くないので、
家族で移住するならセブ島になるかと思います。

僕もマニラやセブにそれぞれ1ヶ月ほど住んだことがありますが、
安全な場所にいれば全く問題はなかったですけど、
家族で移住するとなるとセブ島のほうがいいでしょう。

あと、
フィリピンは今後の人口増加による成長があり、
不動産を購入しているとその不動産の値上がりも期待出来るのが良いですよね。

懸念点として、案外、新鮮な野菜とか果物が手に入りづらかった点です。
フィリピンでも田舎のダバオなどに行けばありそうですが、
都心部ではあまりないイメージです。

フィリピン移住・ビザ取得に関する記事

 

タイで取得可能なビザ

・O-Aビザ
50歳以上
300万バーツ(1000万円)以上をタイ銀行に預金
月収35万円以上の収入証明

・タイランドエリートビザ
5~20年更新

1人の場合
170万円
家族2人
270万円

 

タイ移住に関する備考

タイは治安も良く日本人コミュニティも多いので、
日本食などにも困ることはありません。

また物価も安いので人気の移住国です。

最終、
僕もタイかマレーシアで迷いましたが、
マレーシアのほうが気候が涼しく
3ヶ月住んでみて快適だったのでマレーシアにしました。

タイ移住・ビザ取得に関する記事

 

マレーシアで取得可能なビザ

・MM2Hビザ(10年間の長期滞在ビザ更新可能)

<50歳未満の場合>
月27万円以上の収入証明
1350万円以上の銀行預金証明
810万円マレーシアの銀行に預金

<50歳以上の場合>
月27万円以上の収入証明
945万円以上の銀行預金証明
405万円をマレーシアの銀行に預金

 

マレーシア移住に関する備考

MM2Hビザを取得する以外に、
マレーシアのラブアンというオフショアに会社を設立して
その会社から就労ビザを発行することで住むことも出来ますが、
毎年ルールが変わったりするので最近はあまりお勧め出来ません。

また、マレーシアも治安が良く、
日本人コミュニティも多く
とても住みやすい国です。

年中通して平均28度ぐらいで
気候が良いのも気に入っています。

僕が取得しているビザも、
このMM2Hビザというものです。

MM2Hビザに関しては、
詳しく記事を書いているのでそちらを御覧ください。

ちなみに、MM2Hビザは日本にいながら、
資産運用としても活用出来るのでかなりお勧めです。

【特典付き】MM2Hビザ(マレーシア長期滞在ビザ)を取得すべき5つの理由&取得方法

 

東南アジア意外の海外移住先の候補

その他、
僕が実際に50カ国を周って
海外移住の候補として考えた国は以下3つです。

 

・ジョージア

1年間ビザなしで滞在可能です。

ジョージア移住・ビザ取得に関する記事

治安も悪くはなく、生活費も安く済ませることは可能。
隣国のアゼルバイジャンとアルメニアは未だ戦争中ですが。

実際にジョージアも行きましたが、
食事が同じような中東料理が多く僕は数日で飽きました。

日本食も少ないし、日本への直行便もないので、
ドバイやカタールなど経由して帰国する必要があるので、
頻繁に帰ることが出来ないことも欠点ですね。

まあ、独身でフリーランスで日本人が少ない異国の地に住みたいということであれば、
ジョージアは良いかもしれません。

 

・ドバイ

2年間の居住ビザ
約2800万円の不動産投資
6ヶ月以上ドバイ国外に渡航しないこと
28万円以上の月収があること

ドバイ移住・ビザ取得に関する記事

ドバイの最大のメリットは、税金がかからない点でしょう。
不動産を買えば簡単にビザを取得出来ることもあり、
富裕層はまずドバイを移住先に選びます。

ハイテクな建物も多く、
日本食などもあり食事に困ることはありませんが、
物価が若干高いです。

僕もドバイに行きましたが、
砂漠地帯なので砂埃が激しく、
暑い時だと40度を超えて外に出られない状態だったりもするので、
その点がネックですね。

現時点では僕は住みたいとは思えませんでした。

 

・オランダ

オランダで個人事業をすればOK(起業ビザ)
4500ユーロが銀行にあれば良い

オランダ移住・ビザ取得に関する記事

ヨーロッパの中であれば、
オランダはかなり移住しやすい国ですし、
とても自由な風土が良いですね。

オランダに住むなら写真のように川沿いが風情があって良いですね。

ただ、アジアと比べる物価が高いので、
どうしても生活コストが上がるのはネックです。

 

もっと気軽に海外移住に挑戦してみよう!

今後は、もっと気軽な感じで
海外移住出来るようになっていくので、

今までの常識の殻をぶち破り、
海外移住を検討して準備を進めたらいいんじゃないかと思います。

いざ、みんなが「海外移住したい!」と言い出した時は、
生活のハードルは下がっていたとしても、

規制やビザのハードルが上がっているので、
視野に入れて準備しておくのがいいと思います。

海外移住をすると移住している人達とも繋がれますし、
面白い人達も多いので価値観もかなりアップデートされ、
人生の自由度がかなり広がりますよ!

■PS:

若者や起業したい人向けの
海外進出のサポートとかもやってみようかなと考え中です。

マレーシアで広めのコンドミニアムを用意して、
住み込みで起業で生計立てられるぐらいまでサポートするとか面白いかなと。

まあ、コロナ終息してからの話ですけど。

ではでは。
有難うございました!
MOTO

3本の動画+αで令和時代の個人ビジネスを学ぶ!期間限定のGMM講座




ABOUTこの記事をかいた人

2010年アパレルの某ブラック会社で日本のサラリーマンに絶望してネットで起業⇒2012年アフィリエイト教材を2万本以上日本一販売⇒精神崩壊⇒4社経営⇒ボルダリング事業やメディア事業を売却⇒2018年MM2Hビザを取得してマレーシアに移住⇒海外投資&ビジネスを通じて成長しまくれるGMM&GMCコミュニティを運営中