「単なる量産アフィリエイト」と「思考しながらの量産アフィリエイト」

量産アフィリエイトをやっていても
100個作っても中々成果が上がらない人と、
10個しか作っていないけどすごく成果が上がって
いる人もいます。

その違いは何なのか?

単なる量産と、思考しながらの量産。

1336102680_interact

MOTOの場合は、アフィリエイトを始めた当初
4、500個ぐらい作るまでは
ほとんど「単なる量産」をしていました。

 

でも、ある時を境に
思考しながら10ブログ程作成しました。

 

結果、

思考しながら量産したほうが大きく稼げました。

 

当然といえば当然です。

 

今まで数を作ってきた経験や
今まで作ってきたブログがサテライトとしての効果が
あったということもありますが

 

思考しながらアフィリエイトを進めること

で大きな差が生まれます。

 

じゃあ、「単なる量産」と「思考しながらの量産」

はどう違うのか?

 

「単なる量産」は、
言われたままを単なる作業としてこなしていくことです。

 

頭を使わないので、あまり面白くもないです。
でもすごく簡単です。
誰でも出来ます。

 

教材などで、
1ブログに対して5記事でいいです。
文字数は300文字ぐらいでいい。
と言われたら疑うこともなく、5記事300文字をきっちり守ってやっている人は
「単なる量産」をやっていることが多いです。

 

商品選定はランキングから選びましょう。
と書かれていたら、ランキングからしか商品を選ばない人も
そうでしょう。

 

月間検索件数で何件ぐらいのものをやりましょう。
と言ったらその検索件数だけをきっちり守る人。

 

こういうブログが売れます。と言われたら、
全くそのブログの商品をやる人もそうでしょう。

 

これが「単なる量産」。

 

悩んで手が止まるよりも作業したほうがいいので

初めてで理解出来ないのであれば

「単なる量産」から始めてもいいです。

 

それでも数やれば成果が上がります。

 

実践して数や作業をこなしていかなければ
「思考しながら量産」するということを
中々理解出来ないこともあるかと思います。

 

ただ、効率を上げていくためには、
「単なる量産」をやりながらでも

 

  • なんのために量産をしているのか?
  • なぜ稼げるのか?の本質を考えていく

 

「思考しながらの量産」にシフトしていく必要があります。

 

えば、

 

この教材は
購買意欲が高い客に向けてのキーワードを選んでいて
更にライバルが少ないキーワードを選んだら上位表示出来、
アクセスを集められるから売れるんじゃないかな?

 

とか考えていくわけです。

 

じゃあ、ライバルが少ないキーワードを見つけるために
根本的に商品のリサーチをしてみよう。
そもそもどういう人が欲しがっている商品なんだろう。
から考えながらキーワードを探し検証しながらやっていく。

 

これが「思考しながらの量産」

 

とりあえず、教材通りにランキングの商品を選んで
ベタなキーワードでただ思考なしで淡々とやっていく。

 

これが「単なる量産」

 

思考しながら量産している人は
他にはどういうことを考えながら実践しているのかというと、

 

家電商品をやるなら、みんなアマゾンで商品を探しそうだから
ビックカメラなどのサイトのランキングから探してみようかな?

 

実際にビックカメラに行ってみて店員さんに売れ筋を聞いてみようかな?

 

ちょっと、探すところの視点を変えると
人気商品でもライバルがいないところが見つかったりもします。

 

他には、

 

みんな5記事しか書いていないから
20記事書いたらライバルに勝てるんじゃないのかとか。

 

みんな無料ブログでやるだろうから
ワードプレスでやったらどうなるのかな?

 

と考えて検証しながら実践していると
次々とアイデアが出てきます。

 

  • 一つ一つに疑問を持ちながら進めていく。
  • 常に検証する姿勢をもち新しいことも実践していく。

 

という「思考しながらの量産」をやっていけば

より収益を拡大させやすくなるということです。

 

PS

疑問を持ち、検証しながら実践していき
どういう仕組みで稼げるようになるのか?
「思考しながらの量産」をやっていくと後々は、

 

量産であろうがパワーブログだろうが、
物販アフィリエイトだろうが、情報商材アフィリエイトだろうが、
更にはアフィリエイトだろうがネットビジネスだろうが

 

ジャンルの境界線が消えていきます。

 

「量産」や「パワーサイト」

「物販アフィリエイト」や「情報商材アフィリエイト」

その他諸々のカテゴライズされた言葉っていうのは、
ただの共通認識するためのものでしかないわけですから。

 

目的に到達出来る道筋は無数にあることに気付くと、

テクニックなんてどれでもいいですし

組み合わせてもいいことに気付きます。

 

そうなると、これとこれを組み合わせてみようとか
やっていて楽しくなっていきます。
楽しくやっていると自然と収益も伸びていきます。

 

この記事を読まれた方は、この記事も読まれています♪

コメントを残す