SEO対策プラクティス講座。


始めに知っておかなければいけない
必須SEO対策を記述していきます!

 

一度に全てを覚えることは大変ですので、
こういうことが大切だといっていたなあ
ぐらいで初めは読み流す感じでいいと思います。

 

そして繰り返し読んだり、実践していく度に
見返して頂ければと思います。また、具体的な方法手順などは、
SEO初級編~上級編で解説していきます。

 

①タイトルの重要性

SEO対策で一番基本なのがサイトやブログのタイトルです。

タイトルの決め方で稼げるか稼げないか
決まるといっても過言ではありません。

 

検索エンジンもサイトやブログのタイトルを
一番に重要視しています。

そして、タイトルでどういった属性(見込み客)を集まるのか??
も決まります。

 

2013-12-03_175153もし、あなたがダイエットサプリメント商品を
アフィリエイトしようと思った場合、

 

「ダイエット」というタイトルよりも、

「ダイエットサプリメント」とうタイトルにするほうが
よりダイエットサプリメントを求める
見込み客が集まるということです。

 

ここで、「MOTOの日記」などといったタイトルを
つけてしまった場合、

 

まず、「ダイエットサプリメント」が欲しい
見込み客は集まらないので、
稼ぐことは不可能です。

 

また、キーワードをしっかり選ばないと
ライバルが多すぎて勝ち目がないということも多々あります。

 

例えば、「ダイエット」なんてキーワードは、
個人レベルのSEOではまず勝てません。
タイトルを決めるのに大切なのは、
複合キーワードです。

 

「ダイエットサプリメント+お買い得」
「ダイエットサプリメントの感想」

 

など、言葉を組み合わせることで
より具体的な見込み客を絞れる上
ライバルも減ってきます。

 

ポイントとして、
重要キーワードは左側に持ってくるということ!
「お買い得 ダイエットサプリメント」

より

「ダイエットサプリメント お買い得」
のほうが「ダイエットサプリメント」というキーワードを
「お買い得」検索エンジンは重視します。

 

②キーワードを含める

imgres次に基本的なSEO対策は、「キーワード」を含めることです。

 

記事のタイトルや文章中にもキーワードを含める必要があります。
特に記事タイトルは、サイトタイトルの次に重要です。

 

ダイエットサプリメントを紹介するのに、
記事タイトルを「いい商品見つけました!」
などすると、損です。

 

「ダイエットサプリメントでいい商品を見つけました!」
とするほうがいいということです。

 

また、ダイエットやサプリメントなどのキーワードが
文中にも入っていたほうがいいです。

 

目安として、文中にキーワードは5%ほどでてくれば十分でしょう。
むやみにキーワードを羅列したりすると
スパム扱いとなる可能性があるのでやめましょう。

 

ここでは、「キーワードをちりばめる」ということだけを
覚えておけば、そこまで神経質になる必要はありません。

 

外部リンクと内部リンクについて

imagesSEO対策で大きく差が出る部分がリンクです。
というのも、いいサイトからリンクを貼られているサイトを
検索エンジンはいいサイトとみなすという事です。

 

また、リンクが多く貼られているサイトは人気のあるサイトと
検索エンジンはみなします。

 

そのため、リンクはSEO対策で重要です。
リンクといっても色々な種類のリンクがあるので解説します。

 

 外部リンク
あなたのサイト以外の他のサイトへのリンクや
他のサイトからあなたのサイトへのリンクのことです。

 内部リンク
あなたのサイト内でのリンクのことです。

 被リンク
あなたのサイトに一方的にリンクを送ってくれる
リンクのことをいいます。

 発リンク
あなたのサイトから他のサイトへ送るリンクのことです。

 相互リンク
お互いにリンクし合いましょうという
リンクのことです。

 

外部リンク

外部リンクは勝手に他の人から張ってもらうリンクなので
本来は自分ではどうしようもないものです。

 

なので、基本的に相互リンクを依頼して
お互いにリンクを張り合うというのが
近道でもあります。

 

ただ、相互リンクをする場合、仲良くなった人や
同じぐらいの人に頼むようにしましょう。

 

作りたてのサイトやブログでコンテンツもないのに
無作為に相互リンクしましょう!っていう人は
敬遠されます。

 

かといって、アフィリエイト主体のサイトでは
中々相互リンクしてもらえません。

 

そこで登場するのがサテライトサイトです。

 

サテライトサイト

サテライトとは衛星のことで自分で作ったサイトのことをサテライトサイトといいます。
また、バックリンクサイト、自作自演サイトなどともいいます。

 

サテライトサイトで作っておけば、被リンクを自由に送れるため
とても便利です。

 

ただ、こういった行為は本来であれば、検索エンジンとしては
してほしくない行為です。そのため、あくまで自然な被リンク供給
必要になってきます。

 

同じサイトから一気に何個も被リンクを送ったり、
同じ無料ブログからだけの被リンクなど
明らかに不自然なことはやめましょう。

 

特に無料ブログで日記ブログなどを作り
そのサイトからメインのサイトを送ったりすればかなり効果的です。

 

アフィリエイト初心者講座でもとりあえず日記ブログをとりあえず
作成しましょう。といったのもこのためです。

 

インデックスを早めるという点でも
この日記ブログ系のサテライトブログが役に立ってきます。

 

内部リンク

外部リンクの次に重要視されるのが内部リンクです。
記事を増やせば増やすほど内部リンクは充実してきます。

 

そのため、記事の量は大切になってきます。
また、カテゴリーやメニューなどなど作って、
サイト内のユーザビリティー(訪問者が便利なようにすること)
を高めることでも内部リンクが充実してきます。

 

そういった、内部リンクというのは自分でやれば
できることなのでやっておきたい部分でもあります。

 

ただ、内部リンクを充実させたりするためには
HTMLやCSSの知識が必要になってきたり
します。

 

そのため、初心者でも簡単に内部リンクが充実したテンプレート
SEO対策テンプレートといった形で販売されています。

 

 無料ブログ用のSEO対策テンプレートはこちら

 

この内部リンクに関して自分でやろうとすれば
かなり難しい部分だったりするので
頼れるものには頼ってしまうほうが楽です。

 

インデックス促進

次にインデックスが重要なポイントになってきます。
インデックスとは、あなたが書いた記事が検索エンジンに
ちゃんと見つけてもらえたかどうかです。

 

記事を投稿したら、勝手に検索エンジンが見つけてくれる?
と思われるかもしれませんが、
案外見つけてくれません;;

 

特に、サイトの場合は特に最初のうちは
記事を投稿しても中々検索エンジンには見つけてもらえません。

 

インデックスされていないということは、
そのページからのお客さんを取り逃がしているということです。

 

これはすごくもったいないことで、
ページ数は増えれば増えるほど損することになります。

 

検索エンジンのクローラー

検索エンジンは、クローラーというロボットを使って
サイトや記事の更新を見つけて、検索エンジンに登録してくれます。
そのクローラーは、よく更新されるサイトには頻繁にいくのですが、
更新されていないサイトにはいきません。

 

まして、作りたてのサイトには、あなたから、サイトを作りましたよ!
って言わなければ、中々見つけてもらえません。

 

そこで大切になってくるのが「<ping送信」「サイトマップ」などです。
ping送信やサイトマップに関してはまた後述していきます!

 

SEO基礎編のまとめ

①サイトのタイトルはとても重要!

②記事タイトル、文章中にキーワードを含める!

③外部リンクと内部リンクの重要性を理解する!

④インデックスを理解する!


 

ここまでがSEO対策の基礎です。

 

 NEXT:SEO対策ビキナーズ講座を読む。