2013年以降のネットビジネスで売れる3つのキーワード。

よく、年初めになると言われる
「2013年以降どうなっていくのか?」
ということですが、

私が思うこれから稼いでいく上で外せない
3つのキーワード
をお話しておきます。

2013年以降のビジネス(アフィリエイト)の展開

2013-02-09_144045

大きな流れを把握していないと
稼げない方向に進んでしまいかねないので
お話しようかと思います。

 

今からお話する3つのキーワードさえ押さえておけば稼げない方向には進まないだろう。

 

というものです。

 

まず、

 

「毎年時代が変わる。変わる。」

 

と言われ続けているのですが、
一気にスパッと流れが変わるのではなく、
徐々にそのトレンドが動いています。

 

その時代の流れにいかに乗るのか?

 

っていうのはすごく重要で、
流れに乗れればスムーズに収益が出ますし、

逆に流れに乗れなければ、
四苦八苦します。

 

この流れは

知っているか?知らないか?

 

で、
逆方向に向かうとドンドンしんどくなっていくので
これからの方向性のイメージだけでも
知っておくといいかと思います。

 

ここ最近も、
色々な業界のトップと言われるような人達と
会ってきました。

 

それこそ億を稼ぎ続ける人達です。

 

そうすると、

 

  • サイトアフィリの最前線の人達が見ている目線。
  • 情報業界系の最前線の人達が見ている目線。
  • リアルビジネスの最前線の人達の目線。

 

で、向かっている方向は

 

どの分野の人もみんな

一緒だということに気づいたわけです。

 

そう、
面白いほどみんな同じ方向を向いているのです。

 

その中でも2013年以降
私が特に大事だと思う3つキーワードが

 

■「コミュニティ」

■「エンターテイメント」

■「シンプル」

 

です。

 

この3つのポイントを
外さなければ商品は売れますし、
逆にこの3つのポイントを外すと
売れない。
ってことになります。

 

コミュニティ

 

まずは、コミュニティ。

 

2012年、
なぜ?あれほど塾が売れたのか?

 

その理由もこのコミュニティにあります。

 

塾というコミュニティに入れば稼げる。
そういうイメージですね。
そのコミュニティの力を使って
販売したのが塾です。

 

時代に乗っかっているから
売れるわけです。

 

でも、稼がせないと意味がないのに
全然稼がせることができない実態。

 

他の例をあげると、
「コミュニティ」ということで
ツイッターやフェイスブック、Google+などのSNSが
流行っていることでも重要になっているのですが、

 

かと言って、

 

単純にフェイスブックを使いましょう。
ってことではなく、

 

ブログやサイト、媒体は何でもいいのですが、

 

「コミュニティを形成していく必要がある。」

 

ということです。

 

簡単に言うと、
お互いの関係性を大事にしましょう。
ってことです。

 

ブログアフィリで例えるなら、

 

ダイエット商品をアフィリするとして
今までは単純にダイエット商品が欲しい人に向けて
キーワードを選び紹介すれば売れていた。

 

まだ当分これでも売れるのですが、
今後もっと収益をあげようと思えば、

 

まずはあなた自身がリーダーとなって
ダイエット商品を実践して
ダイエットで痩せて今こういうことが出来るようになったので、
あなたも一緒にやりませんか?

 

という感じで巻き込んでいく。

という流れです。

 

ブログサイトアフィリエイトの場合、
まだ、ネットという境界線を引いて
実践している人がほとんどなので、

 

今からこのコミュニティを意識することが出来れば、
間違いなく最先端ってことになります。

 

これが出来るようになると
どんなビッグキーワードで狙っている
超強力なアフィリエイターにも、

 

今から始める人が個人でも十分勝つことができる
ということを意味します。

 

エンターテイメント

 

次にエンターテイメントで、
これは、

 

楽しいか??

面白いか?

新しいか?

斬新か?

 

など含んだ意味です。
このことを象徴しているのが、
ただのレビューでは売れない。

ということを指しています。

 

今までは、単純にレビューするだけで
売れた時代でしたが、
そこにエンターテイメント性がなければ
売れない。
ということを指しています。

 

自分の考え、アイデアが加わった

 

レビューであればそこにエンターテイメント性があるので
売れます。

 

ブログサイトアフィリで例えても同様で、
単なる商品の説明。

で終わってしまうと
売れないってことです。

 

よくやってしまいがちなのが
商品のスペックをツラツラと書き続けてしまう。
ってことをやっても響かないってことです。

 

一つの商品でも
ただ単純にレビューして売れる時代は終わり、
いかに面白さ(エンターテイメント性)を
入れていくか?

 

が重要なポイントってことですね。

 

シンプル

 
最後に、シンプルです。

 

とにかく、

複雑化したものは売れません。

 

商品選びでも役立ちますが、
こんな機能がついていて
こんな機能が・・・・
更にこんな機能が・・・

 

と複雑化している商品は
まず売れない時代です。

 

なぜ?アップルが売れてSONYが売れないのか??

 

SONYは機能をどんどん追加して複雑化していった。
アップルは余分なものを削ぎ落としシンプルにしていった。

 

だから、アップル製品は売れる。
ってことです。

 

※その上、アップルには、
コミュニティ性もエンターテイメント性もあります。

 

PS3とwiiも同じですね。

 

PS3は機能を追求し複雑化させ、
wiiはシンプルに感覚で遊べるシンプルさを追求した。

 

だから、wiiは売れてPS3は売れない。
という結果になっているわけです。

 

他にもアプリで
「マッチに火をつけろ!」
があれだけブレイクしたのもシンプルが故にです。

 

商品を選ぶ時も、いかにシンプルで

感覚的にその商品の良さがわかるものか?

 

という視点を持って商品を選ぶと
売れる商品を見つけれたりします。

 

ということで、

 

私が思う2013年の重要キーワードは、

 

「コミュニティ」

「エンターテイメント」

「シンプル」

 

以上、3つです。

 

この3つが揃えば
商品は爆発的に売れるでしょうし、

 

逆に1つも入っていなければ
売れないでしょう。

 

ただ、どの要素もなければ
収益を伸ばせないわけではないので、

 

一番使いやすいと思うシンプルからでも
取り入れてはど、う、で、しょう、か!?

 

今実践していることを
もっとシンプルにできないか?
と考えるだけですので!

この記事を読まれた方は、この記事も読まれています♪

3件のコメント

  • MOTOさんの記事とても参考になりました(^^)

    中でもコミュニティが一番自分の中で意識が薄かったかもしれません。。
    なんかネットビジネスって個人戦っていうイメージがあったので…

    あ!私はiBSA通信講座スタッフの大路薫と申します(^^)

    これからは3つのポイントをバランス良く取り入れながら活動していけたらと感じています!!

    ありがとうございます(#^.^#)
    陰ながら応援させてもらいますね♪

    ポチ♪

  • TOMOさん、はじめまして。

    keizouと申します。

    3つのキーワード、共感しました。

    特に、コミュニティについては、どのブログサイトも
    結構重複した内容を発信しているので、これからは
    繋がりが差別化になっていくから、というふうに
    理解しています。

    コミュニティ
    シンプル
    エンターテイメント

    今年は、この3本を意識して行動します!!

    ということで、ポチ!

  • 名無しZ

    ”考え方が面白いです”

    お世話になっております。
    ルレア購入者の●●ですw
    ブログにコメントするのはたぶん初めてです。

    ある教材の音声をずっと聴いていて、
    MOTOさんのこの記事を読んでみると、スーっとはいってきました^^

    根本がずれていないのですばらしいと思います^^

    今年の元旦に戸田さんという方の教材を購入したんですが
    その人の考え方の根底というか、根本的な部分がリアルでもネットでも
    同じだということに気づきました。

    よって、MOTOさんの考え方はまさしく正論であり
    客観的にみても誰もが納得するとおもいます。

    アフィリエイターの目線、商品・サービスの提供元・販売者の目線、インターネットユーザーの目線、リアル店舗に訪れるお客さんの目線
    目線の切り口というか見方を変えればたっくさんあるとおもいますが

    結局、根っこの部分っていうのは(戸田さんの言葉をお借りしますが)商品であれば買うべき人に買ってもらうってことだと思いますね!

    サービスを使うべき人に使こうてもらう、
    商品を買うべき人に買うてもらう。

    ユーザーがその商品を必要としていることに
    気づいてもらうってところですかね。

    自分もインターネット使っていてよく思うのが
    多くの人ってその商品・サービスの魅力や必要性に
    気づいていないと思うんですよねw

    その商品やサービスを売ることができる人は、
    イメージできるような言葉・フレーズでユーザーに気づきを与え、
    行動するきっかけを渡すことができる人だと思いますね^^

    上手に説明できるんですよ。
    「おー、そういうことなんだ、なるほどなー。”じゃあ購入してみようかな”」って思わせてしまうんですよ

    たとえば僕の同級生で信長の野望とか、三国無双とか三国志系列のゲームをやってた人はめちゃめちゃ三国志に詳しいですww
    なので今後も新発売されるであろう三国無双とか信長の野望の魅力をアピールするとバンバン売れてきますねw

    ようするに
    ユーザーが求めているものを僕らは”適切なフレーズ・言葉”で返してあげないといけないんですよね

    外注に任せるのもありだし、自分で書くのもありですけど
    結局は、どれだけ商品・サービスを理解して
    どれだけ有益なコンテンツをユーザーに提供することができるの?
    ってところなんですよね!

    僕の中のここ数年の悩みの結論というか、最終的に行き着いた先が
    そうなりました^^
    アフィリエイトじゃなくてもその考えは多分共通してると思います。

    一昨年の今頃はLFM-TVを購入して、
    アフィリエイトの鬼才といわれる人の講義とか
    頭がちんぷんかんぷんだったんですが
    今なら理解できます。

    根本的な部分が理解できていないと、
    どんなアフィリエイト教材を購入しようが
    結局、同じなんですよねー・・・

    後悔はしていないですけど、ちょっと時間がもったいなかったなーって気はします。リサーチや調査の重要性が理解できたのはプラスとみて間違いないと思うので^^

    長くなりすぎてすみません^^;
    今後も更新楽しみにしてます。
    ブログの更新、それとリアル店舗経営がんばってください!
    応援してます!(*`・ω・´)ゝ

コメントを残す